保守サービスについて

メンテナンスモイストプロセッサーは、大容量の調湿換気を行う高度な空調機器であり、複雑なメカニズムを持つ様々な機械から成り立っております。
こうした機器のメンテナンスには、多様な知識と修理・整備のノウハウが必要です。

当社では、モイストプロセッサーを導入された施設のお客様に一年を通じて快適にお過ごし頂けますよう、空調機器に精通したエンジニアによる季節負荷点検等のメンテナンスを実施しております。

保守サービス内容保守サービス内容

メンテナンス契約

1.無償保守サービス(設置後1年間)

設置後1年間は無償保守期間とし、保証期間内において不具合が生じた場合は無償で修理を行わせて頂くとともに、
モイストプロセッサーの適正な運用のために以下のサービスをご提供いたします。

◇ 季節負荷点検

保証期間内における季節設定変更(夏季/中間期⇔冬季/中間期)に際して、運転制御パラメータなどの微調整を行います。実際の気候条件等に合わせる必要があるため、保証期間内で季節の変わり目に合わせて2回(1回は納入時の試運転)の調整を実施します。

お客様の施設所在地における各季節の気候条件を加味して次年度以降の運転制御のパラメータを設定しますので、次年度以降からの本格運用における施設内環境とエネルギーコストを左右する大切な作業です。

◇ モイストプロセッサー運用講習

モイストプロセッサーの効果は、その運用状況によって大きく左右されます。特に、想定外の換気(外気の取り込み)が行われると、除湿・加湿や除塵・除菌の効果が低下するだけでなく、エネルギーコストにも悪影響を及ぼす可能性もありますので、適切な運用が欠かせません。

当社ではモイストプロセッサーを適切に稼働させ望ましい効果を得るため、導入されたお客様に機器の取り扱いと運用上の注意点などを説明する運用講習を実施します。

2.有償保守サービス(2年目以降~15年目)

設置後2年目以降は有償保守期間とし、保守契約に基づいた定期的な点検・整備により、モイストプロセッサーの耐用年数15年間に渡る保守サービスをご提供いたします。保守契約には、以下の2種類のプランをご用意しております。

◇ 総合保守契約

耐用年数15年に渡る点検・整備と部品交換の全てを含むサービスです。正常な運用状態においては、保守料の他に点検・整備や消耗部品の交換等に伴う追加費用は発生しません。

◇ 随時保守契約

年1回の定期点検・整備のみを対象とするサービスです。本契約が対象とする定期点検・整備以外の点検・整備作業や消耗部品の交換に伴う費用は、全て別途有料となります。

遠隔監視システム遠隔監視システム

当社では遠隔監視システムを導入しており、遠隔制御による運用の最適化および異常時の状態把握による迅速な復旧を行い、
モイストプロセッサーの安定した運転と省力化を実現しております。保守契約を締結して頂いたお客様には、契約の種類に関わらず遠隔監視システムによる保守サービスをご提供いたします。

◇ アラーム監視

  • 365日の監視を行い、遠隔操作によるアラーム発生の事前防止を行います。
  • アラームが発生した場合でも、運転データを収集・分析し、復旧時間の短縮を図ります。
  • 軽微なアラームについては、遠隔制御による復旧作業を行います。

◇ 運用サポート

  • 日々の運転データを収集・分析し、適切な温湿度で運転されているかを評価します。
  • 省エネ運転が可能な場合(設定温度や湿度)は、お客様にご連絡したうえで、遠隔操作により設定を変更します。

保守サービス体制保守サービス体制

1.通常保守体制

通常時保守体制

2.不具合対応時保守体制

不具合対応時保守体制